ONE PIECEはノンフィクション!世界の闇を暴いた「ワンピースは実在している」を必ず読むべき理由

こんにちは、愛です(・∀・)

今日は、腐りかけていた自分の心と世の中に生きる希望をもたらせてくれた一冊の本を紹介します。

この本の出版を決意してくださった作者さんに、心から感謝を込めて!

スポンサーリンク

実在する「ワンピース」が地球を救う日がやってくる

尾田栄一郎さんが描く大人気漫画「ONE PIECE」もあと数年でフィナーレを迎えるそうです。

20年以上も連載されている壮大なストーリーの中には、何百の登場人物と伏線が秘められていますが、こんなにたくさんの伏線を絡めながらも全ての辻褄が合点するのは、ワンピースがファンタジーでもSFでもなく実話だからだと思います。

2020年、突如始まったウイルスパンデミックにより地球上で長年隠蔽(操作)され続けてきた悪事や闇が、今あらゆる形で暴露されつつあるのは良い兆候だと思う。「都市伝説」「オカルト」というエンターテイメントに括られて盛り上がっている空気感には若干抵抗があるものの、長年世界に蔓延ってきたあってはならない闇が、この世界に実在している「ワンピース」によって必ず解き放され、地球(もっと天文学的なスケールかも)の未来は良い兆しへ向かう根拠が、この本には記されていました。

AIによる巧妙なシステムの中で私たちの思考とマインドは気づかないうちに洗脳・劣化させられてしまってますが、このような素晴らしい本の登場で、今後人類はまた大きな覚醒に向かっていけるのではないかと希望の光を与えてもらいました。

今日紹介するこの考察本「ワンピースは実在している / 著:宇見野三足」は、漫画の結末を描いた単なるエンタメ本ではありません。

  • ワンピースの正体とは?
  • ワンピースが眠る場所は?
  • Dの意志とは?
  • Dの意志を持つものが導く未来とは?
  • 登場人物の名前が意味するそれぞれの役割とは?
  • わたしたちが向かう未来とは?

例えばこの先、地球がどんな星になってしまおうとも自分で考えて自分主体で行動を起こし、自分の魂と意志に嘘をつかずに生き抜く大切さを再確認させてくれる素晴らしい本でした。読み終わったあと、死ぬまで「愛ある人間で生きよう」と生きる勇気を与えてもらえました。

著者の宇見野三足(うみのさんぞく)さんは、実在するワンピースの謎を紐解くまでに、どれだけの歴史を学び、行動を起こし続け、点と点の繋がりを信じてきたんだろう。その長年の苦労さえもかき消してしまうほどの大発見が、たった270ページの本に堂々と描かれていました。

この本を世に出すことによって「命を狙われるかもしれない、でも覚悟はだいぶ前からできている」と強い眼光ある想いにも魅了された。もちろん宇見野さんに感謝を述べている私も同志だと思うし、闇組織の残酷さを考えると怖くなることもあるけど、夢も希望も失いサイボーグのように生きて行くよりは、よっぽどいいと思えます。

ちなみに、この著書が出版されたのは2017/11/16ですが、この本は2020年から急激に変わり始める時代の幕開けをある意味的中させていました。(コ◯ナやウイルスとは書かれていないが個人的には十分でした)

ワンピースは腐った社会構造を描いた実話

世界一の漫画家と呼ばれる尾田栄一郎さんが描くONE PIECE、その読者層は世界各国にも翻訳されるほど幅広いですが、「ワンピースのキャラクターで誰が一番好き?」「トラファルガーローみたいな彼氏欲しい〜」って感覚で単純に漫画を楽しんでいる方には、宇見野さんが決死の思いで出版されたこの考察本の内容は理解できないと思います。

ONE PIECEという漫画は、「弱肉強食」という綺麗な四文字熟語なんかでは済まされない腐ったシステムが蔓延った社会を圧倒的な表現力で描かれている漫画なんです。多数の伏線を物語にねじ込みながら、正義は人間の都合で形を変えることや、地球環境破壊についても痛々しいほど考えさせられる漫画です。

温暖化・大気汚染・海洋汚染・生態系の破壊など、私たちが住まわせてもらっている地球という星に感謝もせず、めちゃくちゃにしてしまってる無意識極まりない行為は、人間の欲と傲慢から生まれていること。

そんな問題もONE PIECEでは色んなシーンで描写されていますよね。

例えば、ズニーシャは1000年以上生き続ける巨象で、都市を背負って歩きながら生きているその姿は「地球」と表現してもおかしくはないと思います。人間が生み出した不都合による戦争の巻き添いになり、ズニーシャ(地球)は殺されそうになります。

でも、ズニーシャ(地球)のパワーに人間が勝てるわけなんてなく、巨大な鼻を一振りしただけで、戦争を企てた人間たちの艦隊はあっというまに海の底に。

ワンピースは実在している」の著者・宇見野三足さんは、ONE PIECEからものすごく大きな影響を受け、世界を旅して周ることを決意したそうです。その旅とは、私がしてきた自分探しのバックパッキングなんかではなく、南米やアフリカのスラムや難民キャンプに足を運び、様々な人に触れ、そのあまりにも大きすぎる「搾取社会」の壁に打ち当たるというもの。

そこで目の当たりにしたおぞましい現実に「ルフィーのギガントピストルを打ち込むことはできなかった」と弱く語られており、人生に支障が出たとまで語られています。

さらに、宇見野さんは実在するワンピースの考察候補地にもなったエチオピアにも何度か足を運び、滞在しながらポーネグリフと同じ意味を持つであろう石碑や遺跡の現地調査をされてきたことも、本の中に実際の写真と一緒に紹介されています。

ここまでの考察経緯と確証説明を一冊の本にまとめるまでに、どれだけの文献を読み、思考と時間を削られて来たのか、、、私には想像することすら恐れ多いです。

でも一番凄いと思えたのは、この本を世間に出版すると決意して行動に移されたことだと思います。

本の冒頭にかかれている宇見野さんの想いは、ご本人のnoteにもそのまま綴られているので是非読んでみてほしいです。

彼は「ワンピースの謎を解き明かしたぞ!」という内容の本を出したのではなく、長年現実に起きている社会問題や地球規模の問題にいつまでも目を背けながら生きているわけに行かないところまで来てるということを、身を持って伝えてくれています。

「Dの意志とは」
「ワンピースとは」
「莫大な宝とは」
「ラフテルとは」
「空白の100年とは」

23年間もの歳月、常人じゃないほどのクオリティと魂で描き続けている尾田栄一郎さん。そのONE PIECEも残り5年ほどで終末を迎えるというので、漫画の中で答えを知りたいという読者さんがいるのは当然ですが、この本を読むことによって未来への正しい心持ちを作ることができると私は思います。

参考サイト:『ONE PIECE』完結まで「あと5年」カウントダウンはじまる 編集担当を直撃

日々、目にする情報や考えはもう自分で率先して掴みに行き、選ばなければいけない時代です。

愛ある人間として、本来当たり前にできるはずのことが当たり前にできていない人間が多すぎるから、こんな世の中になっていること。

常識を疑って熟考し、行動を変えて行くことの大切さ。

この本は、そんな大切なことをたくさん教えてくれている素晴らしい啓発本なので、一人でも多くの人にも読んでもらいたいと思って今日ここに書き留めました。

onepiece-jitsuzai

世界は、地球は、きっと良い方向に向かいつつある!未来を怖がらずに!

(おわり)

こんな記事もあります