体内に蓄積されていくマイクロプラスチックを減らすために【セルローススポンジ】を使ってみた

こんにちは、愛です。

ドラッグストアやスーパーで普通に売られているキッチンスポンジの素材には「ポリウレタン」や「ナイロン」が使われるんだけど、これって伸縮性のあるプラスティックの1つだってこと知ってましたか?

まぁ、プラスティックだったとまで気付かなくても、化学製品なんだろうな〜、地球にも人体には良くはないだろうな〜ってことはなんとなく察することができていて、使うのをずっと避けてきました。

というのも、プラスティックが当たり前の社会に慣れ親しんでしまった私たち人間の体には、既にクレジットカード1枚分のマイクロプラスチックが蓄積されているという...(怖)

それに加えてつい最近、衝撃的な記事が海外から発表されました↓

参考サイト:マイクロプラスチック、人間の血液内で発見される…その影響は今のところ「何も分かっていない」

cellulose-sponge
自然に還らないプラスティックゴミ

もはや、息をしているだけでマイクロプラスティックが人体に入る可能性すらあるといわれる現代社会において、私たちのやるべき行動はもう決まってくるよね。

  • できるだけプラスティック製品を買わないようにする
  • 家庭の排水から石油系のものを流さないよう努力する

食器洗いにおすすめ「セルローススポンジ」

ということで、今日わたしが長年使って皆さんにもおすすめしたいのはこれでごじゃる。

セルローススポンジ。

cellulose-sponge

セルロースは、よくシュレッドチーズの食品添加物やサプリメントのカプセルとして使われている食物繊維の1つで、人体への影響も特に危惧されてません(だからと言って好んで食べれるものではありません)

このスポンジは「間伐材」の食物繊維から作られたものなので、土の中に埋めると自然に還るし、燃やして処理した場合にもプラスティックのようにCO2を排出することもないそうです。

もちろん人間の体にも優しいので、子供がいる家庭でも安心して使えるスポンジなんです♡

cellulose-sponge

天然素材のスポンジで他に有名なのが「ヘチマ」なんですけど、伸縮性がなく洗剤の泡立ちも良くなかったので、うちではセルローススポンジが本命になってしまいました。

cellulose-sponge
セルロースは柔らかくて洗いやすい

煮沸消毒して何度も繰り返し使えるのですが、ある程度ボロボロになってきたら2つにカットし、うちではトイレブラシとして使うようにしてます。

cellulose-sponge
2つにカットして
cellulose-sponge
スクラビングバブルの棒に付ける

わたしプチ潔癖なもので、う○ことか掃除したあとのブラシをそのままキープしてずっと使い続けるというのが苦手なんですよね(笑)

cellulose-sponge

このスクラビングバブルは常に先端のブラシ部分を付け替えできるという点ではオススメなんですけど、メーカーが販売している専用ブラシには「界面活性剤」が使われていて地球環境には全然良くないので、スティックだけ使わせてもらってます(・∀・)

トイレやお風呂を洗うときの洗剤は重曹せっけんを使用。

赤ちゃんがいる家庭なので、うちにはケミカルなものは一切置かないようにしています。

cellulose-sponge

近所のドラッグストアには売ってないので、なくなったら重曹パウダーをお湯で溶かして詰め替えてますけどね(笑)

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥268 (2024/02/24 18:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

あまり強くゴシゴシするとブラシが外れてしまうので少しコツは入りますが、スポンジを再利用もできて掃除したあとは手軽に捨てられるので、個人的には満足しております。

cellulose-sponge

生活の必需品を自然由来のものに変えていくこと。

こういうのって、まずはストレスなく変えられる小さなことから始めるだけでも、のちのち大きな変化に繋がると思うんだ。

食べ物に一番よく触れているお皿や調理器具を洗うためのスポンジを天然素材に変えるだけで、体へのリスクを軽減できて、地球環境にも優しくできる。

しかも12個で1200円って、スーパーで売ってるちょっと良いプラスティックスポンジより安いし!

気軽にできるサスティナブル行動なので、ぜひ試してみてね!

cellulose-sponge

(おわり)